自分でできるMEO対策|即効性のある集客・販促のデジタル活用【初心者向け】

自分でできるMEO対策

飲食店やサービス業など集客や販促に関連するワードとして頻繁に出てくるMEO対策。わかりやすくGoogleマップを活用した集客と表現されることもあるMEO対策について、自分でできることをまとめていきます。

MEO対策は、専門業者に依頼することもできますが、自分で行うことも可能です。自分で行うことで、費用を抑えることができ、自社の状況に合わせた対策を施すことができます。

目次:
    Add a header to begin generating the table of contents

    昔からその地域で事業を営む老舗店

    様々な環境変化により経営が厳しいお店もあれば、変化に対応して新規顧客を取り込み常に新しい顧客を常連化させ時代毎に変化しながら成長し続けるお店もあります。令和時代の環境変化への対応とは何か?内容については後に記載していきます。

    新規参入、新規開業するお店

    近隣の競合店を調べ上げ、自分に有利な顧客に対して自社の強みや消費者の様々なニーズに応えることが必須です。新規出店の前に競合店や市場調査を行うように、WEB上の情報戦におけるWEBマーケティングも必須の時代です。競合する店舗のデジタル化が遅れていればビジネスチャンスであり、お金をかけてでもWEBマーケティングに取り組む価値があります。

    このページでは、2023年11月時点でも間に合う競合に勝てる、集客・販促活動について。そして、自分でできるMEO対策の具体的取り組みについてを取り上げていきます。

    今すぐに集客・販促効果を上げるために初心者でもできる内容です。

    「わからない」「時間がない」「意味がないと思う」「今以上にお客に来られても困る」・・・このような考え方はやめましょう。そして、このような考えの事業者がいれば市場開拓のチャンスです。

    MEO対策とは

    GoogleマップやYahoo!マップなどの検索結果で自社の店舗やサイトを上位表示させるための対策です。 MEO対策の記事をこちらにまとめました→こちらをクリック

    このような時はこの記事を最後まで読んだ方が良い

    • ホームページのアクセス数を増やしたい
    • お店を新規開業・新規オープンする
    • 飲食店検索サイトの反応が落ちてきた
    • お店の悪い噂が流れていると耳にしたことがある
    • Googleマップで自分のお店がどのように表示されるか把握していない

    上記のような状況の場合、この記事はあなたにとって有益な情報になると思います。MEO対策を行うことで事業への見返りが期待できます。少し面倒に思ったり、わからないことも出てくるかもしれませんが成果が現れるまで継続して見て下さい。

    今思っている以上に、Googleマップを見てお店選びを行うお客さんは増えています。

    注意!!いますぐ対策が必要な事例集

    • ストリートビュー画像と写真を追加のみが表示される
    • 知らないうちにお店のクレームやネガティブなクチコミで低評価がついている
    • 客の不満にオーナーが返信して喧嘩になっている
    • 近隣の競合店がGoogleマップを乗っ取り自分のお店に誘導する投稿をしている
    • 星1つなどの低評価とクチコミを放置している
    手が付けられていないGoogleマップ上の情報は限定的です。消費者が情報追加、修正してくれているような繁盛店であれば問題ありませんが、自分のお店をGoogleマップで検索して上記のような状況であれば、集客や販促に対して逆の効果が働いています。お客はあなたのお店の情報を参考に他のお店を選んでいます。
     
    「何もしないは、顧客を追い返している状況を作っている」
     
    逆にMEO対策を行なっているお店や企業からすると好都合であり、このような地域でのWEBマーケティングでは特に成果を出しやすくなります。

     

    上記のような、同じ商圏で市場を奪い合う競合店の分析を

    WEBマーケティングの一環として情報提供を行なっております。

    「価値を作る→カチクル株式会社」

    まずは無料相談0467−80−2903営業時間 9:00-18:00〔土日・祝日除く〕

    お問い合わせ

    老舗店のデジタル化が最も強い

    既に固定客がついているお店、地域で昔から支持される魅力があるお店。デジタル化の変化に対応できず経営危機に陥るケースもあれば、世代交代などをきっかけに変化に対応してどの時代でも成功し続けるお店もあります。

    年配の経営者の中にはインターネットへの恐怖感もあるそうで、わからないことには手をつけない、リスクと考えてしまう人も多い印象です。特にSNSへの高齢者の印象はわからない、ニュースで見ると詐欺や危ないものと話をされる方もいらっしゃいます。

    デジタル化に対して拒絶するのではなく、柔軟にデジタル化の対応を検討すれば、既に人を引き寄せる力のある商品やサービスの魅力を全国に発信できる機会になり商売繁盛につながる可能性が高いと考えます。

    大手ショッピングセンターと地域の商店街のデジタル化の差と利用者数の推移や顧客満足度について調べるとその差は歴然です。

    MEO対策を進める7つの手順

    1. ターゲットユーザーの明確化

    2. キーワードの調査

    3. Google My Businessの登録・最適化

    4. ホームページのSEO対策

    5. ソーシャルメディアの活用

    6. レビューの促進

    7. 定期的んモニタリング

    ↑何故MEO対策が必要なのか?実際に対策を行ない得られる成果は?↓

    MEO対策の手順は、以下のとおりです。

    ターゲットユーザーの明確化

    MEO対策を行う前に、まずターゲットユーザーを明確にしましょう。ターゲットユーザーを明確にすることで、効果的な対策を施すことができます。

    ターゲットユーザーを明確にするためには、以下の情報を把握しましょう。

    • 年齢
    • 性別
    • 居住地
    • 興味関心
    • 課題

    キーワードの調査

    ターゲットユーザーが検索する可能性のあるキーワードを調査しましょう。適切なキーワードを設定することで、自社のホームページやサイトを検索結果で上位表示させることができます。

    キーワードを調査するには、GoogleのキーワードプランナーツールやYahoo!広告のキーワードプランナーツールなどを利用して、ターゲットユーザーが検索する可能性のあるキーワードを調査しましょう。

    独学で更に知識を身につけたい、最新情報を入手したい場合は「LINEヤフーfor Business」など情報収集や学ぶことが可能です。

    Google My Businessの登録・最適化

    Google My Businessに登録し、情報を正確に入力しましょう。また、Google My Businessのリスティングを最適化することで、検索結果での表示を改善することができます。

    ホームページのSEO対策

    ホームページのタイトルタグやメタディスクリプション、内部リンク、コンテンツ、モバイルフレンドリー化など、SEO対策を施しましょう。

    ソーシャルメディアの活用

    ソーシャルメディアを集客に活用することのメリットは、以下のとおりです。

    ターゲットユーザーに直接リーチできる

    ソーシャルメディアは、ターゲットユーザーの属性や興味関心に合わせてコンテンツを配信できるため、直接リーチすることができます。

    低コストで始められる

    ソーシャルメディアを活用した集客は、広告費をかけずに始めることができます。

    継続的なコミュニケーションが可能

    ソーシャルメディアは、継続的に情報を発信することで、ユーザーとの関係を築くことができます。

    口コミやレビューを促進できる

    ソーシャルメディアは、口コミやレビューを促進することで、ユーザーの信頼を獲得することができます。

    具体的なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

    新規顧客の獲得

    ソーシャルメディアで自社の商品やサービスを認知してもらうことで、新規顧客の獲得につながります。

    既存顧客の維持・育成

    ソーシャルメディアで既存顧客とのコミュニケーションを図ることで、リピーターやファンの獲得につながります。

    ブランディングの向上

    ソーシャルメディアで自社の魅力や価値を伝えることで、ブランディングの向上につながります。

    ソーシャルメディアを集客に活用するための注意点

    ターゲットユーザーを明確にする

    ターゲットユーザーを明確にすることで、効果的なコンテンツを配信することができます。

    継続的な発信を心がける

    継続的な発信をすることで、ユーザーの興味関心を維持することができます。

    ユーザーとのコミュニケーションを重視する

    ユーザーからのコメントや質問に丁寧に答えることで、信頼関係を築くことができます。

    ソーシャルメディアを効果的に活用することで、より多くのユーザーに自社を知ってもらい、集客につなげることができます。

    クチコミ投稿・レビューの促進

    ユーザーにクチコミ投稿やレビューを促進することで、信頼性を高めることができます。

    定期的なモニタリング

    MEO対策の効果を定期的にモニタリングし、改善点を検討しましょう。

    MEO対策は、以下の3つの要素が重要です。

    • ビジネス情報の正確性
    • 検索エンジンへの理解
    • 継続的な改善

    ビジネス情報は、Google My Businessに正確に入力することで、検索結果で正しく表示されるようにしましょう。また、検索エンジンの仕組みを理解し、効果的な対策を施しましょう。さらに、MEO対策は継続的に行うことで、より高い効果を得ることができます。

    クチコミへの対応は顧客獲得のチャンス

    定期的なモニタリングには、クチコミ投稿への対応も含まれます。良い高評価のクチコミでしたら、素直に喜びやお礼を伝えること、更にまたリピートしてもらうための工夫を入れることで上手く運用することが可能です。

    一方多く問題になるケースは、悪いクチコミが書き込まれた時の対応です。クレームや不快に感じた体験に関しては容赦なくクチコミを投稿され、全てを否定してお店を潰すくらいの勢いで書き込みしてくるようなユーザーも存在します。

    その時のあなたの対応が問われます、中には誤った事実や間違えた投稿もありますので、訂正すべき部分はしっかりと、謝罪と謙虚な姿勢で誠心誠意の対応が求められます。決して逆ギレしたりすることが無いよう、全ての投稿は永遠と記録され他の消費者も常にチェックしているという意識で対応することを心がけましょう。

    MEO対策をしっかりと行うことで、自社のホームページやサイトを検索結果で上位表示させ、より多くのユーザーに自社を知ってもらうことができます。

    MEO対策に取り組むなら、神奈川県茅ヶ崎市のホームページ制作会社カチクル株式会社へ
    老舗店のWEBプロモーションこそ成果が出る

    ここまでの内容でご不明な点、疑問点などありましたらお気軽にご相談ください。ご自身で取り組まれ上手くいかない場合、アドバイスが欲しい、代行して欲しなど。トライアルキャンペーンをご用意しております。ご相談はお気軽に。

    まずは無料相談0467−80−2903営業時間 9:00-18:00〔土日・祝日除く〕

    お問い合わせ

    ホームページ制作とデジタルマーケティングの二刀流でお客様の宣伝活動を成功させます

    二刀流の宣伝活動・ホームページ制作とデジタルマーケティング
    新しくホームページを作りたい、古いホームページをリニューアルしたい、今あるホームページを活用して集客したい、ホームページの活用方法のアドバイスが欲しい、インターネット経由での問い合わせを増やしたい、商品やサービスの認知向上に取り組みたい、商品・サービスの販路開拓を行いたい、販売戦略について相談相手が欲しい、マーケティングを代行して欲しい、デジタルマーケターとしての役割を任せたい。このような事業者様におすすめなのが弊社が提供するデジタルマーケティングのサービスです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA