Googleマップから集客を生み出す方法

MEO対策(Map Engine Optimization)は、モバイル検索と地図検索においてウェブサイトの表示とランキングを最適化するための重要な取り組みです。この記事では、初心者向けにMEO対策の説明と実際の対策方法を紹介します。それと合わせて代行業者に依頼した場合と自分で行うMEO対策の違いについても紹介していきます。

Googleビジネスプロフィールの登録を行い、写真やメニュー、新着情報、クチコミへの対応を行うだけでは十分とは言えません。

集客や販促効果を求める方向けの記事となっています。

デジタルを活用して集客力を強化しよう
集客強化型ホームページの制作。神奈川県茅ヶ崎市のカチクル株式会社
↑サポートを受けて対策に取組む定額プラン↑

MEO対策の基本

1.ローカルSEOの強化

地域に特化したキーワードや地名を適切に使用して、ローカルSEOを強化しましょう。自社の事業地域や対象地域に関連する情報をウェブサイトに組み込むことで、地域のユーザーにアピールしやすくなります。

2.Google My Businessの活用

Google My Business(GMB)を設定し、正確な営業情報や地図上での位置情報を提供しましょう。適切なカテゴリを選択し、写真や口コミも追加することで、地域検索での表示を向上させます。

Googleにあなたの事業を登録することで、MAP上やWEB検索した時に情報が表示されるようになります。

3.地図上の正確な情報

ウェブサイト内の連絡先情報や住所を正確に記載し、特に地図上のピンの位置を正確に設定してください。これにより、ユーザーが正確な場所にアクセスできるようになります。

4.レスポンシブデザインの採用

モバイルデバイスからのアクセスが増えているため、レスポンシブデザインを採用してモバイルユーザーに最適な表示を提供しましょう。モバイルフレンドリーなサイトは検索エンジンランキングにも影響します。

とても重要なポイント。半数以上の方がモバイル端末でWEBを見ていることがホームページへのアクセス解析を行うとわかります。サイトを作成した後には必ずスマホで表示させて、どのように見えるかを確認する必要があります。

業者へのホームページ制作を依頼する時もレスポンシブデザインで制作してもらえるのか。仕様書などを確認する必要があります。

5.地域特化コンテンツの提供

地域に特化したコンテンツを提供することで、地域のユーザーに対して価値を提供しましょう。地域のニュースやイベント情報、地域の問題に関する記事などを掲載することが有効です。

制作を全て外注した時の問題として、土地勘のない人が地域情報を記事にした時にミスマッチが起きることがあります。

オンラインで打ち合わせ、営業担当が打ち合わせて制作は別部門などの場合に特に起こりやすいです。制作過程で何度もやり直しをしたり要望通りのものが出来上がってこないため、制作が長期化し最悪の場合途中で解約ということもあり得ます。

事前に回避するためにも、最低限現地での取材をしてくれる業者を選定することをおすすめします。

実際のMEO対策方法

1.ローカルキーワードの研究

地域に特化したキーワードを研究し、ウェブサイトのコンテンツに組み込みましょう。具体的な地名や地域特有の言葉を使用することで、地域検索での表示が向上します。

例えば、湘南の茅ヶ崎で行なっているビジネスであれば、茅ヶ崎という地名を入れたり、関連するワードを入れることで検索での表示が向上します。

その時のキーワードの選定方法として、Googleトレンドというサイトを利用する方法があります。地名に対してどのようなコトやワードに関心が集まっているのか。また、そのワードに関連付けてサービスや商品情報へどのようにアクセスしてもらうかを検討します。

 

ホームページ制作で参考になる検索ワード
Googleトレンドで茅ヶ崎に関連するワードを検索した結果

2.Googleマイビジネスプロフィールの最適化

Google My Businessプロフィールを詳細に設定し、営業時間、住所、連絡先情報、写真などを正確に入力してください。特に営業時間の更新やイベントの追加などをこまめに行うことが大切です。

3.レビューの収集と管理

地域のユーザーからのポジティブなレビューや評価を収集し、Googleマイビジネスプロフィールに反映させましょう。また、ネガティブなレビューにも適切に対応することが重要です。

4.地域情報のページ作成

ウェブサイト内に地域情報のページを作成し、地域の特徴や観光名所、交通情報などを提供しましょう。これにより、地域に関心のあるユーザーを引き込むことができます。

 

MEO対策は、地域検索とモバイル検索においてウェブサイトの表示とランキングを向上させるための重要な施策です。これらの基本的な対策方法を実践することで、地域のユーザーにアピールし、検索エンジン上での可視性を高めることができます

詳細は上記の通り。自分のでMEO対策を行うという前提で回答します。まずは自身の事業をGoogleで検索してどのように表示されるのか。表示されないのかを確認することからはじめましょう。競合他社で検索するとどのように表示されるか。自社との違い、他社の良い点などを把握し真似ることから始めると成果につながりやすいです。

SEO対策は検索エンジン全体での表示を最適化する一方、MEO対策は主にモバイル検索と地図検索での表示とユーザーエクスペリエンスを向上させることに焦点を当てています。両者は組み合わせて取り組むことで、より幅広いオンラインマーケティング戦略を構築できます。

自社で行えば無料で対策ができることです。

ホームページ制作と同じでデザインや機能やサイトの活用、情報をターゲットとする人に届けるためのノウハウなどはやはりプロに依頼した方が効率がよくMEO対策も同じです。ただし費用がかかります。

MEO対策としての相場は、初期費用3万円〜

それとは別に、日額、月額での請求があり月あたり2万円〜10万円位が相場となっています。

成果報酬型でサービスを提供する業者もありますが、支払金額がはっきりとしない点がネックとなることがあります。

集客強化型ホームページの制作。神奈川県茅ヶ崎市のカチクル株式会社
難しいと感じたらサポートを受けながら進める定額プランがおすすめです↑

ホームページ制作とデジタルマーケティングの二刀流でお客様の宣伝活動を成功させます

二刀流の宣伝活動・ホームページ制作とデジタルマーケティング
新しくホームページを作りたい、古いホームページをリニューアルしたい、今あるホームページを活用して集客したい、ホームページの活用方法のアドバイスが欲しい、インターネット経由での問い合わせを増やしたい、商品やサービスの認知向上に取り組みたい、商品・サービスの販路開拓を行いたい、販売戦略について相談相手が欲しい、マーケティングを代行して欲しい、デジタルマーケターとしての役割を任せたい。このような事業者様におすすめなのが弊社が提供するデジタルマーケティングのサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA