DX推進する人材としてキャリアを目指す人が抑えるべきポイント

社内のDX推進プロジェクトにアサインされた人、DXを推進する人材としてのキャリアを志向する人が抑えるべきポイントについて紹介します。情報処理推進機構・経済産業省から2022年12月に公表された「デジタルスキル標準Ver.1.0」を参考にまとめています。

DX推進スキル標準の人材分類型

※引用 デジタルスキル標準Ver.1.0
※引用 デジタルスキル標準Ver.1.0

必要なスキル

※引用 デジタルスキル標準Ver.1.0

ここまでは、デジタルスキル標準Ver.1.0を読んでいただければ確認できる内容です。経済産業省のHPにファイルが掲載されています。このデジタルスキル標準は、ビジネスパーソン全体がDXに関する基礎的な知識やスキル・マインドを身につけるための指針となっています。企業がDXを推進する専門性を持った人材を育成・採用するための指針でもあります。

個々に求められる知識・スキル・マインドとは

社会環境・ビジネス環境は大きく変化しています。その変化に対応し人生100年時代を生き抜くためには、組織・年代・職種に問わず、一人ひとりが自身の責任で学び続けることが重要であるとれています。

  • DXの背景の知識
  • DXで活用されるデータ・技術の知識
  • データ・技術の活用の知識

今後は関係省庁との連携の下で、民間プレイヤーも関与しながら普及・活用が推進されます。デジタル人材育成の最初のステップとして、デジタル人材育成プラットフォームのポータルサイト「マナビDX」で学習コンテンツが提供されています。自身が目指すロールに必要な知識やスキルを効果的に学べるコンテンツを選択し学習しやすくなります。

学びのリンク 基本無料、一部有償

マナビDX :独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

https://manabi-dx.ipa.go.jp

gacco 無料で学べる大学講座 :株式会社ドコモgacco

https://gacco.org

DX SQUARE :独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

https://dx.ipa.go.jp

ホームページ制作とデジタルマーケティングの二刀流でお客様の宣伝活動を成功させます

二刀流の宣伝活動・ホームページ制作とデジタルマーケティング
新しくホームページを作りたい、古いホームページをリニューアルしたい、今あるホームページを活用して集客したい、ホームページの活用方法のアドバイスが欲しい、インターネット経由での問い合わせを増やしたい、商品やサービスの認知向上に取り組みたい、商品・サービスの販路開拓を行いたい、販売戦略について相談相手が欲しい、マーケティングを代行して欲しい、デジタルマーケターとしての役割を任せたい。このような事業者様におすすめなのが弊社が提供するデジタルマーケティングのサービスです。

DX推進する人材としてキャリアを目指す人が抑えるべきポイント” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA